2018年6月20日水曜日

雨ですよ雨。

昨日まで、大きなガラス交換のため、ガラス窓2枚外していました。田舎のガラス屋さんはのんびりなのか、2日経ってもやってきません。残念ながら元に戻して良かったです。倉庫内部に雨が降りこまずに済みました。予報では午前中雨。やだな・・・

義理の弟にカーボンの傘を気前よくプレゼントしました。一度も自分で使わなかったので、使用感がわかりません。再度購入してみますか(苦笑)。雨の日に限ってつまらないことがよぎります。雨の記憶は極端に少ないです。

少ない記憶ですが、東南アジアの雨季は別格です。雷雨と雷光を観て過ごすのが趣味でした。過日米朝会談が行われたシンガポールのセントーサ島は以前「悪魔の島」と呼ばれていました。反日感情が民族の中に根強く残るのが当たり前のエリアですが、皆さん立派で頭が下がります。シンガポールは昭南島(昭和時代に獲得した南の島)と呼ばれていました。失礼な言い方です。ご先祖の民間人が浜辺で虐殺された歴史があります。ひどいですね。許せなくなります。現地で買い物を楽しむ日本の能天気な若者には怒りすら覚えます。いっぱいお金を消費すれば贖罪になるのかな?ならないでしょうね。

私が居た当時はアポロホテルしかなかったので、ケーブルカーで渡って、ビールやカクテルをベランダで飲みながら雷光を見ていました。あの素晴らしさは忘れ難く、今でも脳が興奮してきます。また観に行きたいな・・・発明することで彼の国に貢献したかったのですが、少年老い易く・・・です。雷鳴を聞いて血がたぎってくるあの感じはどうして損なわれてきたのでしょう?