2018年6月12日火曜日

豈図らんや

色々考えた結果・・・一気にスロープと車いすを手配してみました。次は電動ベッドかな・・・今まで用意しなかったのは、自力で体を動かすようにしていた為。いよいよ無理になってきました。といっても義父のことです。

豈図らんや重し・・・抱きかかえて車いすに乗せようとすると、明らかにドクターストップ重量。背中にかなりの負担がかかります。女性のケヤースタッフの方に依頼するわけにはいきません。しかし、これはやむ無し。とはいっても、私にはちょっとまずい重量です。

課題はスロープで車いすで降ろし、デイサービスの車に乗せる時です。そのまま機械式昇降機が付いていればよいのですが、ない場合はどうしたものか・・・確か鯖江の自動車販売業者が自社製品をレンタルしていた記憶が・・・あと5年と考えてレンタルしても購入とほとんど変わらなくなりますね。軽でも300万は下りませんね。これは中々のテーマです。何か考えてみましょう。誰しも体験する世界ですが、結構大変です。自分自身の体力と感情にどう折り合いをつけてゆくかという事になるのかな?