2017年12月21日木曜日

嫌いで好き

碍子は私にとって無くてはならない存在です。その反面嫌いなキャラも包含しています。長い間伊万里産を使用してきました。数年前瀬戸産を使用してみました。どちらも同じ傾向です。この辺りの結論は知る人ぞ知る世界です。説明してもわかってはもらえないですね。長年培って鍛えてきた感覚というのはブレないです(笑)。この辺りは先輩や仕事体験に感謝しています。職人感覚というのは簡単に身につくものではありませんね。

ホームセンターで購入した粉砕された碍子の袋詰が目の前にありますが、気に入りません。十分役目を果たしてくれていますので、廉価に購入できたことに感謝しています。久しぶりに伊万里の取引先を訪問したいな・・・良質な碍子の山に囲まれると幸福感に私は満たされます(微笑)。