2017年5月8日月曜日

丹後

様々「思い入れ」があり、丹後で繭を仕入れようとしましたが、子袋しかありませんでした。余り心惹かれず・・・残念。福島まで行きましょう。とある繭玉に異常な程興味を覚えています。近くまで行く機会がないかな?・・・

繭玉とのかかわりは長いです。この方面の勉強は、考えていたレベルには到達していません。理想としていた繭玉が出現しないのです。市場が動かない今となっては、現状で満足するのが賢いかもしれません。あれもこれもと興味本位で突っ走ってきましたが、少し整理して行きます。

「商業ベースではない技術」は、研究は進みません。「そんなことをして儲かるの?」で終わってしまいます。専門家に話しても理解しようとしないのは何かに固執しているせいでしょうね。そんなものは捨てればよいのに・・・と思ってしまいます。見つけた技術は「開かずのドラえもんポケット」にしまっておくことにします。口外しないことにしました。