2017年3月20日月曜日

出来ると思い込むこと

昨日外国勢と話をしていました。どうも「わかりきっている」と錯覚している様子が鼻につき、数点指摘しました。少し納得した様子。頭が固いな・・・「やっつける」つもりはさらさらなく、「思い込み」と「現実」の差を理解してほしいと思っただけです。何事も「いとも簡単な技術」というものはありません。事象を発見したら、再現できるかどうかという長いトンネルがあり、再現出来たら次の段階に進みます。そうやって毎回期待する効果が出てくるように製品を仕上げてゆきます。その積み重ねが技術になって行くように思います。「わかりきっている」という態度をとられると、人に対して得意げに「先生」している光景が浮かんできます。「先生」をしたがる傾向はコンプレックスの表れのように思えてなりません。自分の中にある弱さの表れなんじゃないかな・・・

「変わることのない/ぶれない/技術」は、勝手な屁理屈を付けて相手を煙に巻く一種の「思い込み屁理屈」とは違うと信じています。