2017年3月31日金曜日

選択肢

留まるか?上を目指すか?という判断をいつも問われます。私は上を目指します。上には上があり、更に上があると思うからです。留まる場合、私は開発は止めにして現状維持して行くでしょう。これは滅びの考え方ですね。

現在製造販売している電界発生装置や音響改善装置にはまだ多くの未来があります。どこまで探求できるかな?とふと考えることもありますが、心臓が止まるまでは止めないでしょうね(笑)。さて、明日から新年度。新たな一歩を踏み出すことになります。業界をぶち抜くエネルギーを溜めているところです。強がり言っています(爆笑)。