2016年11月17日木曜日

あまりにも

昨夜は超リアルな夢を観ました。大兄から薦められて、必ず見ているオーディオ達人のブログがあります。「その現場を見てみたい。」という希望があるのですが、ここ数年実現していません。

昨夜は、田園調布の光景を家人と歩く夢を見ていました。「あれが石原慎太郎さんの家だよ。」と説明しながら歩いていました。いきなり見慣れた庭の光景が浮かびその音楽部屋に勝手に入っていました。そこに件の人物が現れ旧知のように話しかけてくるのです。ややこしいのは私が時間を気にしてしょっちゅう腕のアンティーク時計を見ているのです。「何だったのだろう?彼は田園調布には住んでいないのに・・・」と思いました。

とここまで書いていたら、「音場の完成」というテーマを途中までで留めていたことに気づきました。イメージは既にあるので、明日から試作してみますか・・・きっとその気持ちの表れだったに違いありません。フムフム・・・