2016年11月9日水曜日

名品

私の中での銘品です。CK-2PRO中央部/コンサートマスター用です。大きなイベント会場では「ジェネシスサウンド電界発生装置」を加え、システム1式が整います。これまでは音楽ホールではCK-2PROコンサートマスター用でこなしてきました。

これまで、高圧知識のある音響技術者との邂逅がありませんでした。残念に思います。未知の音楽技術をこっそりスケールダウンして披露したのは、博物館のコンサートだけです。私はオランピアかカーネギーホールでやりたいと思っていたのですが・・・実現しませんね。この技術は埋もれさせるには惜しいです。いずれ機会があるのかな?まだこの考え方を理解する人は出てきません。上手く行けば5年くらいで現れるかな?・・・と想像しています。早すぎる発想なのかもしれません。