2016年10月25日火曜日

音波

作業場のBGMにSACD盤を選んで聴いています。ホームではSACDは殆どかけません。あまり好きではないからです。CDプレーヤーも古いものに魅力を感じています。後悔しないのはとあるメーカーの物と思います。しかし諭吉先生100名団体クラスでも感動しないのです。不思議なものですね。昔ながらの音響職人/技術者の後継が生まれなかったのでしょう。測定器で判断しても意味のない世界と思います。音楽というのは何と言っても「音波という波の生き物」なのですから・・・