2016年9月12日月曜日

くろ君のいる光景

我が家に闖入してから「やむなく飼育する珍獣」扱いをしてきました。転機になったのは昨年の予防注射からです。やたら吠えまくり、愛想がなく・・・病院の診察台に載せられて「助けて!こわいよ!」といったまなざしをして私に突進してきた時からです。何となく気になる存在になってきました。依頼様々手をかけて・・・ほとんど期待外れでしたが、信頼関係が出来てきました。

朝こういう光景を毎日過ごしますが、相互会話?できるようになってきました。次に何をして、何に興味持つかと言う位はわかります。恐らく私にとって必要なものを与えてくれる存在なのでしょう。わんこと人間と言う関係を考え始めるとややこしくなります。私は花の美しさよりも分解して構造を見るタイプでしたが、何かしらゆっくりした変化が訪れているのを感じます。考えてみたら、「くろ君」の世話があり、外国には長期出張できないことに気づきました・・・