2016年8月29日月曜日

得意とするところ

銀行の支店長から質問を受けました。「会社定款によると多岐にわたってオリジナルの製造品目が登記されていますね。大変失礼な質問ですが、今もやっているのですか?」と丁重に聞かれました。「全て現在進行形でレベルアップを繰り返しながら実行ていますよ。」と答えました。「しかし、これだけ沢山の分野を・・・」と理解できないようでした。確かにそうかもしれません(笑)。

得意とする根幹技術に応用を加えると分野は多岐にわたります。普通はできませんね。発見した技術を複合させて製品を作るとコピーできないものに変貌します。この辺りが得意とする分野です。理解していただける皆さんのお陰です。実際に販売しているのは10%位の製品だけです。「ドラえもんポケット」にため込んでいます。

「耳学問」の経営者や営業マンに今日は遭遇しませんように・・・大人の対応をしなければいけないとまだこの年になって言い聞かせるのですから、困ったものです。今日こそ遠くからくるお客さんを追い返さないで満足させるように努力しましょう・・・