2016年7月12日火曜日

毎朝

朝摘み野菜を毎朝頂いています。きゅうり/とまと/なすがこのところの定番かな・・・贅沢な話かもしれません。無農薬で40年近く栽培しています。不健康野菜にならないように研究しているミネラルを投入しています。

微生物農法は止めにしました。同じ地区の腐葉土から微生物培養すべしという結論に達しました。既に存在している微生物と戦争させ、既存の微生物が劣勢になっても大昔から存在している微生物は必ず勢力を強めてゆきます。微生物戦争の結果生まれた野菜が健康かどうかは疑問です。畑作は地中の闘争で生まれる変わるものではありません。地元腐葉土から作っても余り過ぎます(苦笑)。一応培養法や飼育?法は体験済みです。

これまでで一番成果を上げたのは畑にいる微生物全体を増殖してあげることでした。「Bio Remediation」という考え方でした。製品としてはケルプをヨーロッパから輸入しなければならないので、これもやめにしました(笑)。ある程度土地ができてきているので、ミネラルの添加でいけるはずです。

勉強することは山ほどあって・・・果てしないです。健全な土にしてゆくことでフイールド単位で改善して行きます。これを維持管理するのが一番大切なことです。家族全体の健康や製品の質までに影響を及ぼしてきます。