2016年7月21日木曜日

次々世代

電磁界加工は第1世代、第2世代と進み、いよいよ第3世代・・・第2世代はデビュー前です。5年ほどかけて検証してきました。一部製品加工でその技術を使っています。第2世代の勉強の中でひょんなきっかけで思いついた事がありました。1年ほど再現実験をしています。上手く行くようになりました。恐らくこれが第3世代の加工法になると思います。未だ誰にも体験していただいていません。

課題は装置の長寿命化です。2台ほど自社実験装置をスクラップ化してしまいました。現在は安定しています。画像の銀スプーンは基本処理が終わったものです。第3世代の加工をデビューさせるのは5年後くらいでしょうか・・・傾向を把握しないと応用できません。

これが終われば、いよいよプラズマに入りたいです。その頃には潤沢な研究開発費が取れるようになっていると良いな~・・・