2016年6月17日金曜日

何なのだろう・・・

今日は走行中、スピード違反の取り締まり隊発見。対向車1台1台に丁寧なパッシングをして知らせました。帰りには測定している車線で走行。すれ違った車は20台以上。「測定やめたのかな???」と思い、スピードを上げようとしたら・・・まだ測定していました。

疑問が湧いて・・・大分県人は丁寧にパッシングで知らせるのが習慣。福井県人は無関心なのか意地悪なのか・・・すべての人がそうではないと信じたいです。少なくともあの20台のドライバー以外ですが・・・すれ違ったとき、表情は皆明るかったです。何という・・・

スピードミッキー運転して免許停止処分を受けて以来、黄金ドライバーを継続しています。あの時の違反金を払った「もったいない体験」が心をよぎります。スピード計測しているのを知らせる方が交通違反なのかもしれませんから、この辺で鎮まります。

思い返すと、冬季雪でスタックした車を期間中かなりの台数をレスキューしています。お礼も言わずに立ち去る不逞の輩が多いことにも不満です。運転マナーは酷いし・・・これで「幸せ県」というのはおかしな話。酷い運転をしても、「私は悪くない」とうそぶく醜さが・・・かなり血が上りましたが・・・鎮まります。