2016年5月14日土曜日

思い出して・・・

 パソコンがクラッシュした後データーも消えたと思っていました。ぼんやりファイルを見ていたら・・・発見。

某施設(博物館)の「あお」展に出品させて頂いた「色の部屋」です。これは「色の電磁波によって音響効果に違いが出る」という公開実験を子供たちのために行った物です。

演奏家の先生にもその違いを実演して頂きました。NHKからも取材を受け、全国ネットに流れました。当時その施設の学芸員の皆様への感謝は忘れていません。

何処の馬の骨ともわからない「未知の技術開発者」と自称するような私を信頼くださり、悪くすれば学芸員の公開処刑ともなりかねない企画にOKされたのですから・・・

子供達へのアンケートで人気だったのは「青」と「赤」の部屋でした。この結果には納得しています。数千人の貴重なアンケート結果でした。私はこの実験を自分の会社の為には一切使いませんでした。「赤と青のLED」は工場内で野菜生育の手段として使われるようになったのは記憶に新しいです。製品が出てきたのは、この実験よりもずっと後のことです(微笑)。

私の気持ちは「子供達の記憶に残ったかどうか?」そこが最も大切な事だと思っています。意識に入った情報は何らかのヒントとなって何時か現れるはずです。それで十分です。