2016年4月25日月曜日

思い出の・・・

CK-1Woodをとある施設の設置に使おうとベースモデル5種類を試聴しました。楽器演奏ですから、問題なく表現力を現してくれました。

折角の試聴だからと、30年前に加工し試作した思い出の品を出して聴きました。「あっ~!!!」です。圧倒的にきらびやかな表現力でした。これを聴いたら「もうあかん」です。CK-1Wood見直しします。既に製品化しているのですが、已む終えません。「余計な事をしなければ良かった・・・」とも思います。当時は中国の楽器メーカーを歩き木材を決めました。現在では入手不能です。何ともがっくり・・・こんな事ってあるのですね。事情を話し、30年前の思い出の品を設置します。中央部はボロボロになっていますので、何か考えましょう。「う~や~た~!」